hwialhのブログ

ハワイ好きの主婦がハワイ旅行のこと日々の日常を書いたブログです☆

妊娠中に難病になってしまった私…症状の始まり

妊娠中に安定期ってありますが、ほんとに安定してる時期なんてあるのかなぁ…
と私は思ってしまいます。
私に安定期があったとしたなら1週間くらいだったかな…(^^;)

難病の第1症状

お腹の調子が戻ってから1週間ほどたった時に、手足が痺れるようになりました。
ネットで調べると妊娠中は血管が圧迫されて痺れることがあると、書いてありました。
ひどい痺れではないし痛くもない、日常生活に支障がなかったのであまり気にしていませんでした。
まぁ、血行が良くなるかと湯船に浸かってマッサージとかはしてみました。
今思えばそんなことしても意味はなかったのですが…

第2の症状

今度はその2.3日後くらいかなぁ…
物が二重に見える(複視)ようになりました。
これもまたネットで検索。
妊娠中は視力が低下してぼやけて見える事があると。
あぁ〜じゃあ、これも妊娠による影響なんだ‼︎
とあまり深く考えず。
普通に考えたらこんな急にいろいろ症状が出るなんておかしいですよね…
それでも病院に行こうとは考えず普通に生活をしていました。

第3の症状

呑気な私たちは結婚記念日も近かったので少し高級な焼肉屋さんでお祝いのディナーをしに。
忘れもしない、その帰り道。
自分の声が頭の中で響いて聞こえる感じがしました。
なんだろう…この感じ。
と思ったけど寝て起きたら治るだろうと思っていました。

そして翌日、やっぱり耳がおかしい…
自分がちゃんと発音出来てる感じがしない。
夫にちゃんと話せてるから聞いてみると「いつもと変わらない」とのこと。
じゃあ、そんなに気にすることないか‼︎そのうち治るだろう。と思ってました。

しかし、その次の日から症状が悪化…
ちゃんと話せない…
鼻から声が抜けてる感じて発音がちゃんと出来ない。
夫に聞いてもらうと、やっぱりおかしいと…
声は出せるけど何言ってるか聞き取りづらい状態。
またネットで調べる…
調べると妊娠中は耳管開放症という病気になりやすい、と。
詳しく調べてみると症状がすごく似ていて、
私はネットで調べただけで勝手にこの病気に間違いないと思ってしまいました。
仕事でも話すことは多いし、産むまでこの状態だったらどうしよう…なんて考えていました。

次の日からは、なるべく他の人に話してもらいながら仕事を続けてましたが、症状がどんどん悪化…
手足の痺れもよくならないし。
複視もひどく階段なんて1人では怖くて…
誰かに掴まるか、手すりを握ってゆっくり上り下りするか、という状態に。
発音も全然上手く出来ない。

さすがに私も心配なり仕事を抜けて大きな総合病院の救急に行きました。
まず救急で診てもらい、その後耳鼻科に検査をしに。
耳鼻科では耳管開放症のことも聞いてみたけど、先生はそうだとは言いませんでした。
目の症状もあるので眼科でも診てもらって下さい、と。
結局診断はされず神経に効くビタミン剤を処方されました。

次の日も仕事を抜けて総合病院の眼科へ。
眼科でも検査をしてもらったけど診断はつかず…
神経内科で診てもらったほうがいいと。
予約が一番早くて1週間後ということなので、その日は帰宅。

第4の症状

翌日、夫が朝起きてきて私の顔を見ると
「目がおかしいよ‼︎黒目が動いてない」
慌てて自分の顔を鏡で見てみると左は動くのに、右目の黒目が目頭のほうには動かせるけど目尻のほうには動かない…
どうやっても動かせない。
怖くなった…
自分の体に何が起こってるのか分からない恐怖で涙が出ました。

話せない私に変わり夫が病院に電話をして再び眼科に行くことに。
診てもらったけど、やはり眼科の領域ではないよう…
眼科の先生の手配で来週行くはずだった神経内科が待ち時間は出るけど今日診てくれることに。
ありがたかったです。

神経内科の診察室の前でどれくらい待ったかなぁ…
お昼の時間なのか大きな待合スペースにはほとんど人がいませんでした。
泣くにはちょうどよかった。
何でこんなことになったんだろう…
これからどうなるんだろう…
赤ちゃんはちゃんと産めるのか…
仕事はどうしよう…
不安でいっぱいでした。