hwialhのブログ

ハワイ好きの主婦がハワイ旅行のこと日々の日常を書いたブログです☆

新たな症状

MFICUに移って3日ほどたった時に神経の先生達から、治療を再開しませんか?
というお話がありました。

治療を再開するかどうか


3回、吸着療法を行い症状は改善してきたのですが、まだ複視や嚥下障害の症状が残っていました…
今度は張り止めの点滴と、血管内脱水にならないように水分の点滴もし、お腹の張りを調べる機械を付けながら吸着療法をしましょう。と…

私はそのお話を聞いた時に絶対やりたくない、と思いました。
吸着療法をしてなくてもお腹が張っているのに、治療をしてもっと張って赤ちゃんが産まれてしまったらどうするの…
そんな怖いこと私には出来ませんでした。
私は先生に
「先生は治療しても大丈夫って言ったのに大丈夫じゃなかった、だからやりたくないです」
と言ってしまいました…
優しくて、患者思いで、毎日様子を見に来てくれて一生懸命やってくれている先生にひどい言い方をしてしまいました…
精神的に不安定な時だったのかもしれないけど、なんであんな言い方をしてしまったのか…
今でも後悔です。

新たな症状

治療はしないで様子を見ることに。
週数が進んで赤ちゃんがもう少し大きくなってからすることにしました。

治療をしなかったので新たな症状が出始めました…
右側の顔面麻痺です。
自分では目を閉じてるつもりでも半目の状態。
目が常に半目だから目が乾いて痛くて痛くて…
寝ている時も半目のだから寝起きは特に痛かったです。
洗顔する時も自分が半目な事を忘れて、いつも通り洗うと洗顔料が目に思いっきり入るのでひどい目にあいます…

寝る時に目が乾かないようにと目の軟膏(ワセリンの様なもの)をもらったのですが、確かに目は痛くないけど油っぽいから視界がボヤけて見づらい…
水分をたくさん摂るように言われていたので夜中に何回かトイレに行きたくなるのですが、視界がボヤけてるからトイレまで行くのが大変…なので軟膏は数日でやめました…
その後の目の乾き対策は目薬をたくさんもらい、夜はアイマスクをして寝ることにしました。


目以外にも口の感覚もなくなりました。
歯科の麻酔がずっとかかってる感じです。
口をゆすぐ時も右の口角から水がピューっと出てくるし、飲み物を飲む時も口の左側で飲まないとこぼしてしまう…
食べる時も自分では全部飲み込んだつもりでも右の口の中に食べ物が残ってしまう。
笑顔を作っても右の顔は笑えてないから気持ち悪るかったです。笑

第1目標の24週目


神経の症状は不快だし不便なこともあったけど我慢できました。
それよりも切迫の方が心配で心配で…
第1目標としていた24週に入ってすぐの夜。
いつもお腹は張るけどいつもより回数が多い…
お腹の張りを調べる機械をつけると5分おき位にいつも以上に強い張りがある。
それも規則的に…このまま痛みが出て産まれてしまうのではないかと怖くて仕方なかった…
30分くらい機械をつけたのですが、その間ほんとに不安でした。

その後、診察してもらうと頸管長は短くなってないと。とりあえずよかった…
怖かった…
その時の診察でヘコー写真を撮ってくれました。口元がへの字で夫に似ていました。
不安なことだらけだけどエコー検査の時間は不安な気持ちを忘れさせてくれる時間でした。

次の目標は26週です。
毎週土曜日が週数が変わる日だったので、いつも早く土曜日にならないかなぁ〜って思っていました。