hwialhのブログ

ハワイ好きの主婦がハワイ旅行のこと日々の日常を書いたブログです☆

出産

長かった入院生活…
家ってほんとに落ち着く。
家にいるだけで、こんなに幸せな気持ちになるなんて。
退院する少し前から、母に来てもらっていたので家事やお買い物など全て母にしてもらいました。いくつになっても母に甘えてばかりです…
しかし、そんなのんびりした生活もすぐに終わってしまいました…

破水

退院して2日後、診察を受けるために母と病院に行きました。
内診とお腹の張りを調べる機械をつけました。
子宮口は3センチからは広がっていないし、張りもいつも通り。
診察は問題なく終わりました。
しかし、その帰り道…家まであと少しというところで何か下から出た気がする…
急いでトイレへ。
見た目ではよく分からない…
破水なのかなぁ…?
以前ネットで羊水は生臭い匂いがすると書いてあったので、とりあえず嗅いでみると生臭い…
これは破水なんだと思いました。

急いで家に帰り、病院に連絡をし、入院グッズを持ってまた病院に戻りました…
こんなにすぐ、戻ることになるとは…

また入院

診察をしてもらうと、やはり破水でした。
その後もチョロチョロで続けていました。
破水はしたけど特にお腹は痛くなく分娩室の前のお部屋で待機。
破水した状態のままでいるのは、よくないということで明日の朝まで待って陣痛が来なかったら陣痛促進剤を使うということになりました。

その日の夜、今日はゆっくり休んでと助産師さんに言われたけど…
隣のベッドにもう一人妊婦さんがいました。
陣痛が始まっているようで、すっごい痛そう…
全然寝れる状況じゃない…笑
すごく辛そうな声…
分娩室に移動した後もすごい声‼︎
その声を聞いていると少し怖くなりました…

そして無事に明け方産まれたようです。
いよいよ私の番なんだとドキドキしていました。

陣痛促進剤

朝になり、
陣痛は始まらなかったので陣痛促進剤を使うことになりました。
子宮口も変わらず3センチ。
点滴が始まり私はすぐに痛くなるのかと思っていました。
しかし特に変化なし…
昨日から羊水が少しづつ出ているので、羊水はもうほとんどない状態らしくお腹が張ると赤ちゃんが苦しいみたいで心拍が落ちてしまいました。
そこで、羊水の代わりの液体をお腹に入れたりしましたが、やっぱりチョロチョロ出てしまう。

分娩

促進剤を使い始めて2時間半くらいだった頃、急に張るたびにお腹に激痛が…
ほんとに急に。
痛すぎて声も出なかったです…
体を横向きにして丸まっていました。
ただ、息むと少し楽になる。
そんな痛そうな私を見て助産師さんが内診をすると子宮口が8センチまで開いていると…
ベッドごと分娩室へ…
分娩台に移り、赤ちゃんも苦しそうということで、すぐに吸引分娩になりました。
もう、とにかく痛くて痛くてうめき声しか出ない…
吸引を4、5回したかなぁ…?出てこない…
先生に、次の吸引で出てこなかったら帝王切開すると言われました。
ここまで頑張って陣痛も味わって、今度は帝王切開するなんて…
もう渾身の力を込めて息みました。
すると大きい物が出てくる感覚。
もう息まなくていいよ、と言われると
今度はニュルッと体が出てきました。
産まれた瞬間
あぁー出た。スッキリ。何この爽快感。
という気持ちでした。
37週と1日。
正期産になるのを待っていたかのように産まれて来てくれました。
親孝行ないい子です。

出産後

赤ちゃんを見てみると小児科の先生達が何か処置をしている。
先生達で赤ちゃんの一部しか見えない…
しばらくするとタオルに包まれた赤ちゃんを連れて来てくれました。
けれど、10秒ほど見ただけで、心拍が落ちていたから念のためNICU(新生児集中治療室)でお預かりします。と…
行っちゃった…
えぇ〜こんな感じなの…?
思っていたのと違う…
産まれたばかりの赤ちゃんを胸の上に置いてくれて抱っこ出来ると思ってた…
赤ちゃんの状態を考えたら仕方のないことたけど、ちょっと寂しい…
分娩時間は2時間41分。
ずっと切迫で産まれそうだっただけあり、初産にしては早かったです。


私の出産後の処置も終わり、分娩室に母が来てくれました。
涙ぐんでました…
妊娠中にフィッシャー症候群になり、その後、切迫になり散々心配をかけてしまいました。
入院中にイライラして当たってしまったこともありました…
母には直接言ってないけど、あの時はほんとに申し訳ないことをしてしまいました。
孫を産んだことで少しは親孝行が出来たかなぁ…?

夫はずっと立会い出産を希望していて、この日も仕事を早く終わらせて来ると言っていたけど間に合いませんでした。
かなりショックを受けていました…
そして夫が来てから小児科の先生の説明を聞きに行きました。